終活で選ぶ自分のお墓
2017.05.24

おばあちゃん【自分のお墓を自分で考えることの限界】
終活が活況を帯びています。自分のお墓は自分で考える時代。
多くの方が終活セミナーに出かけたり、墓地や霊園に出かけては見学をしています。
とはいえ、大事なことは、どれだけ自分で死後のことを用意いたしたとしても、自分のことを自分で供養することはできません。そこには必ず誰か別の人の手が必要となります。
一番理想なのは親子で終活をすることです。でも、最近は親子が遠く離れて暮らしていたり、「おひとりさま」という言葉があるようになかなか家族に死後のことを託すことが難しい時代です。
墓守をお願いできる方がいるならば、その方と一緒に、お墓について考えましょう。
【生前墓は縁起がいい。寿陵墓のすすめ】
元気なうちに自分のお墓を建てることはとても縁起がいいとされています。これを「寿陵墓」と呼びます。
お墓は、亡くなった方の遺骨や遺骸を埋葬し、その上に供養のために建てられる石碑です。
と同時に、今この世の中に生きている私たち自身の幸せを祈る対象でもあります。
いわば、供養塔でもあり、祈念碑でもあるこのお墓は、幸せの象徴でもあったわけです。
儒教の言葉に「身は父母の遺体なり」という言葉があります。
また、日本人は昔から、死者をホトケにしてカミにしてきた民族です。
先祖は今生きている私である、という考え方は、死者の供養や私の幸せ、私の幸せは先祖の供養とするものです。
ですから、生前にお墓を建てることは、とっても縁起がいいのです。
【石塔以外のお墓 永代供養】
「お墓」と聞くと石でできた個人墓なんてものをイメージする方が多いと思うのですが、墓守が困難な方は永代供養など、最終的に供養を誰かに委ねる形の埋葬を選択しています。
永代供養の場合は、最終的に寺院が末代にわたって供養をしてくれます。
【いろいろな種類の霊園がある】
いくら大都会で土地がないとはいえ、霊園は東京にもたくさんあります。
寺院墓地、大規模霊苑、ガーデン風、ビル型やマンション型のお墓や納骨堂、また最近はペットに愛着を持つ方が大変多くいますが、ペット葬儀を終えた後の供養先として、ペット用のお墓を持つ寺院や墓地も東京にはあります。
自分たちのライフスタイルにあわせたお墓を探しましょう。
【複数の石材店との比較】
民営墓地の場合は、墓石とのセット販売が原則、あるいは提携の石材店が決まっていることが多いのですが、そうでない場合は複数の石材店を比較するのがよいでしょう。いくつかの石材店を見て回ることで、よりよいお墓つくりにつながることでしょう。

▲ ページトップへ